クラミジアは性病の中で最も感染率が高いといわれている病気です。

クラミジア治療にはジスロマックとクラビット
  1. クラミジア治療にはジスロマックとクラビット TOP
  2. >
  3. クラミジアとは

クラミジアとは

性病のクラミジア

クラミジアとは最も多い性病として有名です。患者数は国内だけでも100万人以上もいるとも言われていて、特に10代後半から20代に多く発症します。感染してもほとんど症状が出ないのが特徴です。なので感染しても80%の人が自覚がなく、感染を広めてしまいます。

原因

クラミジアの原因

主なは性行為です。粘膜同士での感染なのでオーラルセックスやコンドームの着用をしないでの性行為は非常に感染しやすくて危険です。

クラミジアに感染した時の症状としては、男性の場合膿のような分泌物が出たり排尿時に痛みや違和感が生じたりします。女性の場合下腹部痛や織物が増加するなどがあります。放置すると男性の場合尿道炎や前立腺炎、副睾丸炎などになり、女性の場合子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎などになります。適切な治療を受けないと合併症にもかかりやすくなります。女性の場合不妊症になってしまうことや流産しやすくなってしまうことがあります。

潜伏期間

クラミジアの潜伏期間

潜伏期間は男性女性によって違います。男性の場合当日~1週間、女性の場合2週間前後です。当然ですが個人差はあるのでそれ以上続く人も中にはいます。クラミジアは性器だけでなく、喉にも感染するケースがあります。

喉に感染した場合、性器に感染した時よりも潜伏している期間が長くなることもあります。そのうえ性器に感染するよりも症状が出ないケースが多いので潜伏している期間は左右されます。またクラミジアは潜伏期間中でもうつります。感染の不安がある人は、性行為を控えることが大切です。気になる際は早い段階で適切な医療機関での受診が大切です。しかし、医療機関に行くのが早すぎても結果が出ない場合があるので心配になった性行為を行った2、3日後に受診するのが一番望ましいです。

クラミジアはとても感染力が高いのでたった1回の性行為でもうつる可能性があります。また何よりクラミジアに感染している人はエイズ(HIV)にも感染する確率が2~5倍まであがります。なので感染予防をし、普段から油断をせずきちんと避妊具を着用しての性行為を行うことが重要になります。

ジスロマックの通販
ジスロマックについて
クラミジアの治療

Copyright (C) 2016 クラミジア治療にはジスロマックとクラビット All Rights Reserved.