クラミジアは主に性行為からの感染で放っておくと重症化しやすいといわれています。

クラミジア治療にはジスロマックとクラビット
  1. クラミジア治療にはジスロマックとクラビット TOP
  2. >
  3. クラミジアの感染

クラミジアの感染

クラミジアの感染

性病(STD)の中でもクラミジアは感染者が日本で一番多いのはご存知でしょうか?実はこのSTDですが感染していても気づく人のほうが少ないとされております。自覚症状がほとんど現れず、そのまま放置してしまうことによって他の人にうつしてしまうのです。一回の性行為でうつってしまう確率は50%以上といわれており、二回同じ感染者と性交渉をすることでほぼうつっているといっても過言ではありません。

症状

症状

症状が出たとしても女性では織物が少し増えるくらい、男性も排尿時に少し痛むといった程度です。女性では約八割、男性では五割の人がなっていることに気づかないとされております。もし自分がなっていた場合、パートナーも同じくなっていると考えるべきです。検査するときはパートナーと一緒に行きましょう。クラミジアですが実は放置するととても怖い病気なのです。症状が出ないのであれば大丈夫じゃない?とお思いがちですが、徐々に体に異変が現れてきます。

影響

影響

特に女性のほうが重症化しやすく、最悪子供を授かれない体になってしまいます。もし授かれたとしても流産しやすくなったり、子宮外妊娠だったりとスムーズには行きにくくなります。順調にいったとしても出産時生まれてきた子にうつしてしまう可能性もあるのです。もし生まれてきた子にうつしてしまった場合、肺炎を起こしてしまうかもしれません。

他にも女性特有の疾患になってしまいやすくなるので早めの治療が求められます。男女ともに一番怖いのは、HIV(エイズ)などに感染してしまう確率が通常よりもかなり増えてしまうことです。実際3倍から5倍の確率でHIVに感染してしまうといわれております。HIVになってしまいますと完治は難しいので一生付き合っていく病気となります。症状が出ないからといって放置しているとその後大きな後悔をうむこととなります。

クラミジアは性器同士だけではなく、咽頭などからもうつってしまうので経路が通常よりも多いです。風俗などでも口だけのサービスだから大丈夫と安心してないできちんとコンドームは着用いたしましょう。もちろん通常の性交渉でも子供を望まないのであればコンドームは必須アイテムとなります。

ジスロマックの通販
ジスロマックについて
クラミジアの治療

Copyright (C) 2016 クラミジア治療にはジスロマックとクラビット All Rights Reserved.