クラミジアの治療として最も一般的なのは抗生物質を服用する方法です。

クラミジア治療にはジスロマックとクラビット
  1. クラミジア治療にはジスロマックとクラビット TOP
  2. >
  3. クラミジアの治療方法

クラミジア治療方法

クラミジア治療方法

クラミジアの治療方法として主にあげられるものはジスロマックなどの抗生物質の内服です。抗生物質は主に3つあります。1つ目はテトラサイクリン系抗生物質です。ミノマイシンやビブラマイシンなどが主にあげられます。2つ目はマクロライド系抗生物質です。ジスロマックやクラリス、クラリシッドが主にあげられます。

3つ目はニューキノロン系抗生物質です。クラビットが主にあげられます。この中で一番効果が高いといわれているのがマクロライド系抗生物質です。他の2つは多くの細菌に効くため性病以外の治療でもよく使われています。副作用はそれぞれ違いますが主に下痢や吐き気、嘔吐、胃痛などが多いです。

長く続く場合には適切な医療機関に行くことをおすすめします。また、服用期間は1~7日の服用の薬が多いので簡単に治療をすることができます。症状が強い場合やクラミジアの症状の進行がはやい場合には、点滴での治療をする場合もあります。点滴を行った場合そのあとに内服薬を飲むという方法もあります。クラミジアの感染によって結膜炎などといった目に症状が出る場合もあり、その場合目薬や軟膏も治療薬として含まれることがあります。

完治の判断

クラミジアの完治

クラミジアが治ったかどうかは効果判定というもので判断します。判断方法としては抗原検査と呼ばれるものが一般的です。検査は薬の服用から約2週間後に行われます。

妊娠中にもクラミジアの感染が発覚する場合があります。妊娠中でも胎児には影響のない医薬品を使い治療をすることができます。心配でしたら、かかりつけの産婦人科など適切な医療機関で受診してもらうのが一番です。

まとめ

心配

クラミジアの感染は妊娠にも関係してくるので主に女性が心配しがちですが、女性だけではなく男性も真剣に向き合うことが必要です。もしも感染が分かった場合パートナーとともにしっかりと治療を受けることが大切になります。途中でやめてしまわないことで不妊症へのリスクも減らすことができます。

ジスロマックの通販
ジスロマックについて
クラミジアの治療

Copyright (C) 2016 クラミジア治療にはジスロマックとクラビット All Rights Reserved.